読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焚き火 diary

火と向かい合う。自分が見えてくる。

力まず続ける

このブログ、始めた頃は『毎日続けるぞー!』なんて意気込んでたんですが、最近ちょっと更新頻度も内容もルーズになりつつありますよね。 自分では気づいてるんですが、年末年始、生活リズムが乱れると同時に更新もいい加減になってしまいました。 

更新をさぼったところで誰に注意されるわけではないんですが、やっぱり続けることに意味はあるんだと思います。 つまり、継続はやっぱり力(チカラ)。なんだなあ!

最近の自分の書いた記事を読んでみて気づいたのですが、思い浮かぶままに書き綴っているものがほとんど。

『心にうつり ゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば』と言えば聞こえはいいのでしょうが。 私という人間を知っている人が読んでくだされば私のブログもそれなりに面白いでしょうけれど、私を知らない人が読んでも多分つまらないと思います。 見知らぬ人のつぶやきを聞いたところで、それはたぶん相当つまらない。

じゃあ、他の人が読んで面白い記事だけがブログなのか? ブログを書く人にとって、ブログを書く『意義』ってそれぞれ違うとは思うのですが、私の場合は何だろう? 自己表現? ストレス解消?

数か月自分なりにブログを続けてみましたが、いまだに明確な答えが出ないのです。 最初に勢いだけで始めたせいでもあるのかなあ。

ま、その答えが出るまでは、とりあえず気長にこのスタイルで力まず続けてみることにします。