読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焚き火 diary

火と向かい合う。自分が見えてくる。

初!インフルエンザ

この数十年、冬場の寒い時期でも風邪をひかず、小中高と皆勤賞という元気なことだけが取り柄だったこの私が、とうとうデビューしてしまいました。

 

『インフルエンザ』

 

生まれて初めての感染です。(たぶん)

昨日はなんと、父の一周忌の命日で、何となく朝から神妙な気持ちでいたのですが、それ以上に変な寒気がするなーと思っていました。 まさか、ちょうど1年だし、父が戻って来た??なんて能天気な想像をしていたのですが、普通に出勤するつもりで着替えもし、朝食も食べ、普段より少し厚着して出れば寒くないかなーと思って、それでも一応熱だけは測っとくかと体温計を脇に突っ込んだら・・・即、39.5度の表示が!! 体温計上ではこれまでに見たこともない数字だったので、一瞬フリーズしてしまいました。

 

これは仕事どころではないと、そのまま病院に向かい、案の定『インフルエンザA型』の診断書をいただいて帰って来た次第です。

 

病院横の製剤薬局で、吸入型のインフルエンザ薬を購入と同時に即服用させられ(薬局で薬を服用させられたことがなかったので、最初ビックリしました。 それだけインフルエンザは感染力が高いということなんでしょうね。)、とにかくしっかり休息するようにという指示と、特に発症からの3日間は「人に会わない&出かけないように」と再三注意を受けて帰ってきました。(5日間の出勤停止の話をされた時、不覚にも!少しうれしそうな様子を見せてしまったからかもしれません。)

 

人それぞれに発症後の様子は違うとは聞いていましたが、私の場合は高熱(悪寒)と咳がメインで、その熱も帰宅後少し眠ってから測ってみたら平熱までおさまっていたので、あまり苦しい思いをしなかったのが幸いでした。 それでも、咳だけがどうにも収まらず、まだ続いている状況です。 たぶんですが、発症直後に病院に行くことができたのと、まだ体力があるので重症化しなかったのが良かったのだと思います。

 

実は最初、インフルエンザの診断を受けた時、正直ほっとしました。 『父に移さなくてよかった』と。 今、父が生きていたら、抵抗力の弱まっている体ではすぐ感染してしまったと思います。 そうしたら、きっと命に関わっていたことでしょう。 そんな父を見なくて済んだことに、なぜかものすごくほっとしたのです。

 

一人になって、やっと自由に病気になれる。

こんなことを思っては、やはり罰当たりでしょうか。

 

父が亡くなって、昨日でちょうど1年。 

やはり昨日、父は戻ってきていたのだろうと思います。 そして、父から『これからは自分のことを優先して、体をちゃんといたわって生きていきなさい』と言われたような気がしています。