読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焚き火 diary

火と向かい合う。自分が見えてくる。

最後の秋の日

明日未明から積雪の予報。 11月のこの時期に降雪、しかも積雪の予報まで出るなんてとても珍しいことです。

最後の秋の景色を切り取っておきたくて、少し早起きして散歩に出かけました。

f:id:takibidiary:20161123205728j:plain

我が家の前は今、こんな感じ。 数日前から続いた強風が、枝に残っていた最後の葉を散らしてしまって、枝の向こうに秋の空が透けて見えています。 この景色も、明日には真っ白になるのかなあ。。。

 

f:id:takibidiary:20161123205819j:plain

奥に見えるのが甲斐駒ケ岳。 数日前から頂上付近は冠雪が見られます。 手前にある山が日向山(ひなたやま)。 この景色を見ると、私はいつも、麓から山の頂まで自分の体がふわっと風に運ばれるような、爽快な気分になります。 

 

f:id:takibidiary:20161123210138j:plain

盛りを過ぎた紅葉の中の、わずかに残された紅色に、ふと目がいきました。 少し前までは鮮やかだった葉の色が、秋の冷たい雨に洗われて洗われて、今はわずかになごりの色が残るのみ。 最後に残った紅も、明日の雪で白に染まるでしょう。 

 

季節は移ろっていくものと思いながらも、今日が秋の最後の日。 

明日の朝から、私にとっての冬が始まります。