読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焚き火 diary

火と向かい合う。自分が見えてくる。

稲穂グラデーション

f:id:takibidiary:20160904235443j:plain

日に日に、景色の色が変わりつつあります。

我が家は里山のど真ん中にあるので、周りの田んぼの色で季節の移ろいを感じる日々。

 

つい先日まで青々とした葉っぱで埋め尽くされていた景色に、緑色のグラデーションが生まれ始めました。

少しずつ顔を出した稲穂。 そして、まだまだ夏草に覆われている畦道。

夏の間は一枚の緑のじゅうたんだった景色が、いつの間にかパッチワークキルトのような景色に変わりました。

 

地域によって、季節の変化を感じる景色は、きっと違うのでしょう。

都会では都会の、田舎では田舎の、秋色グラデーションがあるのでしょう。

 

それにしても、秋には『移ろい』という言葉が似合います。

夏色を残しつつ、冬へと向かう色の変化。

こんなに多彩な季節なのに、そこはかとない寂しさが漂うのは、鮮やかに染まる秋色の中に、冬枯れの景色を宿しているからかもしれません。