読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焚き火 diary

火と向かい合う。自分が見えてくる。

ここにいていいんだよ。

一つの組織で働けば、そりゃいろいろありますわね。

文句の一つも言いたくなる瞬間もある。

 

でも、そんな時。

私はふと、思い出してしまう過去があるんだ。

 

自分の居場所を見つけられず、存在を認めてもらえず、

ひたすら孤独だったあの日々。

思い出したくない過去なのに、今でも当時の感覚を恐ろしいほど鮮明に思い出せる。

そして。

自分自身をごまかすように、何かにつけて笑ってたんだ。 

覚えてる。 いつもうつろに、笑ってた。

まわりの人からは幸せの笑顔に見えていたのかもしれないが、

亡くなった父は、その時の私の笑顔が『嘘』だと見抜いてた。

 

それから数年。

一番の理解者だった父もいなくなり、

そして、職場も変わった。

 

今の会社は組織も大きくて、大勢の人がいる。 いろんな人がいる。

人見知りの私は、器用にみんなと仲良くすることは相変わらず苦手だけれど、

それでも私は、今ここにいて、そんなに居心地悪くないなって感じてる。

みんなにどう思われているかなんて、あんまり関係なくて。

孤独を感じないでいられる。 それが、素直にうれしい。

 

仕事、毎日大変でやんなっちゃう!!

文句言いながらも私、今けっこう幸せだ。