読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焚き火 diary

火と向かい合う。自分が見えてくる。

形ある思い出

本日、一日かけて理科の教員だった亡き父の蔵書の整理をしました。

 

結果。

今まで本で溢れんばかりだった父の書庫はがらんと空になり、

私の手元には古本屋さんからいただいた本たちの対価、数百円が残りました。

 

遅々として進まなかった遺品整理が、少しだけ前進した安堵感と、

父が大切にしていたものを、私一人の判断で処分してしまった罪悪感。

そして何より、思い出を一つ失ったような喪失感。

 

形ある思い出は、いつか手放すべき時が来る。

心の中にある思い出は、ずっと最後まで私の中にある。

 

どっちがいいとか、悪いとか、そういうことではなくて。

 

ただ、今日は、父と久しぶりに本気で向かい合った気がしました。