読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焚き火 diary

火と向かい合う。自分が見えてくる。

良きものを、永く

真冬の到来に備えて、お気に入りのピーコートをクローゼットから引っ張り出しました。

このピーコート、10年前に一目ぼれで購入し、ほぼ毎年着ています。 一番寒い時期限定で大切に大切に着ているせいか、まったく痛むことなく、これからの季節まだまだ大活躍しそう。

さすがに毎年着ているとスタイルがマンネリになりがちですが、ド定番のネイビーのピーコートなのでどんな服にも合わせやすく、毎年重ねる洋服で変化をつければまったく飽きることがありません。(ちなみに去年の私はチノパンブームだったので、ロールアップのチノパンにブーツで合わせていました。 今年はスカートがマイブームなので、今日はこげ茶のスカートと合わせましたがいい感じでした♪)

このコートを着るたびに思うのですが、やはりいいものはいい。 そして、いいものを長く使うことが、もしかしたら本当の贅沢なんじゃないかなということ。 

最近のマイルールの一つなのですが、の自分と未来の自分にとって必要なものだと思うなら、多少高くてもなるべく質のいいものを買うようにしています。 デザインはシンプルなものがベター。 このコートのように、シンプルなものほど他のアイテムを投入することで変化をつけやすいからです。 もちろん自分の予算ではどうしても手に入れられないものもありますが、他のいくつかを諦めてでもどうしても欲しい!と思うなら、がんばって買っちゃいます。

このピーコートも、これまで購入した洋服の中で一番高額でした。 どうしてもそのコートが欲しくて、着なくなった洋服を処分し、他の買い物をいくつか諦めてようやく手に入れたのです。 あれから10年経った今、この買い物は間違ってなかったと、昔の自分を褒めてあげたい。 10年前の自分自身に対する投資のおかげで、今の私があるのですから。