読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焚き火 diary

火と向かい合う。自分が見えてくる。

My Herbal Life 2 『蜜ろうとローズマリーのクリーム』

これからの時期に大活躍のハーブスキンケアクリームを手作りしました♪

これまでは市販のものを使っていましたが、香りが苦手だったりベタベタ感が残ったり、なかなか思うようなものに出会えませんでした。 先日行ったハーブ専門店で、蜜ろうとアルガンオイル、そしてローズマリー・ベルベノンの精油を手に入れたので、秋の夜長、少し手間のかかるスキンケアクリーム作りに挑戦です。

ローズマリー・ベルベノンの効能

ローズマリー・ベルベノン

スーっとした清潔感のあるフレッシュな香り♪

地中海沿岸地域に成育するローズマリー

学名のRosmarinusは、ラテン語で「海のしずく」を意味する言葉であり、海のように綺麗な青色の花を咲かせることから、この名が付けられたと言います。

ローズマリーは、栽培された地域によって、香りや成分が異なる3種類のケモタイプに分類されます。モロッコ産はローズマリー・シネオール。コルシカ島ローズマリー・ベルベノン。フランス産はローズマリー・カンファーです。

 

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

皮膚を清浄にし皮膚組織の再生する作用、代謝促進作用があり、肌のハリの回復、シワの予防、ニキビやあかぎれの症状緩和などに有効です。

脂性肌を改善するので、ふけや脱毛の予防にも使われています。

 蜜ろうを湯せんにしながら溶かし、そこへ南アルプスの天然水とアルガンオイルを少しずつ入れて全体を乳化させます。 全体がなじんだらローズマリー精油とホウ砂をほんの少しだけ加えて湯せんからおろしゆっくりかき混ぜながら冷ましていくと、ほんのりはちみつ色のスキンケアクリームの出来上がり♪ 

仕事中、会社の自分のデスクでも使っていますが、べたつかないのでパソコン仕事の時にも重宝します。 甘くなくすっきりとした香りで、気分転換がてらに首筋に少し塗ると気持ちがシャキッとしますよ!